個人事業開業届けを出してきた

どもです。無職卒業まであと少しの者です。

会社員辞めて、早2ヶ月経ちましたが、無事に次の働き先も決まり、21日から街へ繰り出すこととなりました。

今まで会社員だったのですが、これからは個人事業主として働くこととなったので、
本日、生まれて初めて税務署へ足を運んで参りました。

目的は青色申告するための必要書類提出です。
個人事業主だと確定申告を個人でやる必要があります。
確定申告には白色と青色があるらしいのですが、青色のほうがなにかとメリットが大きいようです。
ちなみに青色は事前に申告が必要で、白色は申告不要のよう。個人的には青色申告一択だと思っています。

税務署へ行き、個人事業として青色申告したいことを伝えると、「これに記入ください」と用紙を2枚くれました。
(控えを必要ならそれぞれ2枚ずつ必要です。屋号で口座作るとかで必要らしい。)

  • 個人事業の開業・廃業等届出書
  • 所得税の青色申告承認申請書

記入する内容ですが、見本も一緒に渡してくれるのでそれほど迷わなかったです。
恐らく初めて申請する人が悩むところは以下の箇所かなと思います。

職業欄…書き方によって事業税が乗っかる場合があるとか、、地域によって違うらしいので回避出来るようであれば回避するのが良いかも。ただ嘘は駄目絶対!後々痛い目を見るようです。

簿記方式…複式簿記一択です。これが青色申告する上で大事らしいです。

備付帳簿名…知識が無かったら全く意味不明。とりあえず参考にと渡された見本通り丸して出して、窓口でよくわかってないことを伝えたら丸しても提出必須ではない(参考程度)ので大丈夫とのこと。ソフト使用して管理する場合は丸すらしなくて大丈夫のようです。

あとマイナンバーを書く欄があります、自分は写真でメモしていた値を記入したのですが、提出時に実物のカードと照らし合わせる必要があるとのことでした。
ただ、今年(2016年)はまだテスト段階らしくカードを所持していなくても恐らく大丈夫とのこと、来年以降では必須らしいので、申請する方は忘れずにマイナンバーカードを持っていってください。

img_4111-1
分からない箇所は担当者の方に相談すると丁寧に教えてくれます。てか、殆ど分からない。。

結構不明確な箇所があっても大丈夫なようで、「ここは書かなくて大丈夫です。」とか「選択していなくて大丈夫なので〜」といった感じで結構緩い感じで完了しました。

実際に記入にかかった時間が10分程度で、その他は5分程度、あっという間に申請完了しました。
こんなに簡単で大丈夫かなと感じましたが、これで晴れて個人事業主です。

来年の確定申告に向けて勉強しないと。。。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *