JG2東京ハイジャンプのデータ分析

こんばんは。

G1秋華賞、G2府中牝馬Sときたら、最後はもちろんこのレースですよね。

そうです。

JG2東京ハイジャンプです。

現役最強馬のオジュウチョウサンが登録しているだけでワクワクしてきませんか((o(´∀`)o))ワクワク

さて、それではデータでも見ていきましょう。

過去10年の同レースを対象にしています。


障害レースですので、データがあてになりません。御理解の上ご活用ください。

年齢

年齢 着別度数 勝率 連対率 複勝率
4歳 2- 0- 3- 9/ 14 14.3% 14.3% 35.7%
5歳 5- 2- 2- 33/ 42 11.9% 16.7% 21.4%
6歳 3- 4- 3- 23/ 33 9.1% 21.2% 30.3%
7歳 0- 3- 1- 20/ 24 0.0% 12.5% 16.7%
8歳 0- 1- 0- 9/ 10 0.0% 10.0% 10.0%

6歳ぐらいまでがいい成績です、8歳以降は流石に厳しいか。

8歳〜

  • テイエムオペラドン
  • ホーカーテンペスト
  • アイティテイオー
  • サンレイデューク

脚質

 

脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率
障害・逃げ 4- 1- 2- 6/13 30.8% 38.5% 53.8%
障害・先行 3- 7- 5-19/34 8.8% 29.4% 44.1%
障害・中団 3- 2- 3-43/51 5.9% 9.8% 15.7%
障害・後方 0- 0- 0-25/25 0.0% 0.0% 0.0%

逃げが成績いいです。

ただ、障害レースなのでよくわかりません。

ダンツキャンサーやホーカーテンペストが逃げている経験があります。

オジュウチョウサンは先行すると思われます。

 種牡馬

種牡馬 着別度数 勝率 連対率 複勝率
テイエムオペラオー 2- 0- 0- 3/ 5 40.0% 40.0% 40.0%
アドマイヤムーン 1- 0- 2- 0/ 3 33.3% 33.3% 100.0%
オペラハウス 1- 0- 1- 7/ 9 11.1% 11.1% 22.2%
マヤノトップガン 1- 0- 1- 2/ 4 25.0% 25.0% 50.0%
デュランダル 1- 0- 0- 2/ 3 33.3% 33.3% 33.3%
ステイゴールド 1- 0- 0- 4/ 5 20.0% 20.0% 20.0%
シンボリクリスエス 1- 0- 0- 4/ 5 20.0% 20.0% 20.0%
チーフベアハート 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0%
カリズマティック 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0%

テイエムオペラオー産駒が2勝でトップです。さすがはオペラオー。

今年ももちろん出走しています、テイエムオペラドン!!

サドラーズウェルズ系の成績がいいです。

テイエムオペラドン以外ですと、アイティテイオーが該当します。

人気

 

人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1番人気 3- 1- 1- 5/ 10 30.0% 40.0% 50.0%
2番人気 2- 1- 1- 6/ 10 20.0% 30.0% 40.0%
3番人気 2- 3- 1- 4/ 10 20.0% 50.0% 60.0%
4番人気 0- 3- 0- 7/ 10 0.0% 30.0% 30.0%
5番人気 0- 0- 1- 9/ 10 0.0% 0.0% 10.0%

基本的に上位人気は信頼度が高いです。

が、上の表には出ていませんが、12番人気でイコールパートナー、13番人気でサンレイデュークが勝っています。

人気薄の一発も警戒が必要です。

まとめ

ここは◎オジュウチョウサンで仕方ないところでしょうか。

テイエムオペラドンも頑張って欲しいですが、年齢的には少し厳しいかも。。

しっかし、近走の成績は安定していますので、ここで名乗りを上げるか。

データ面では押しづらいですが、シンキングダンサー辺りも狙い目かもです。

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *