G3アルテミスsのデータ分析

さて今週最後の重賞分析はG3アルテミスsです。

2歳牝馬重賞ですね。

まだ施工回数が少ないですが、データからなにか見えてくるのか!

過去5年の同レースを対象にしています。


※今回は過去5年ですので、ご注意!

脚質

脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率
平地・逃げ 0- 1- 0- 4/ 5 0.0% 20.0% 20.0%
平地・先行 1- 0- 3-12/16 6.3% 6.3% 25.0%
平地・中団 3- 3- 2-36/44 6.8% 13.6% 18.2%
平地・後方 1- 1- 0-19/21 4.8% 9.5% 9.5%

いきなり微妙なデータですが、強いて言うなら中段から後ろがいい感じでしょうか。

まだ脚質も定まっていないので、読み切るのが難しいところですが、

過去レースから

  • シスターフラッグ
  • スカーレットカラー
  • ダノングレース

この辺が差し競馬しています。

後はウラヌスチャームが新馬戦を追い込んで勝っていますね。

 種牡馬

種牡馬 着別度数 勝率 連対率 複勝率
ハーツクライ 2- 0- 0- 6/ 8 25.0% 25.0% 25.0%
ダイワメジャー 1- 1- 0- 2/ 4 25.0% 50.0% 50.0%
ステイゴールド 1- 0- 2- 2/ 5 20.0% 20.0% 60.0%
メイショウサムソン 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0%

ハーツクライ産駒が良い成績ですね。

ただ今年の登録馬にハーツクライ産駒はいませんでした (´;ω;`)ブワッ

続いて、ダイワメジャー産駒ですが、こちらはいました!

  • アリア

※残念ながら回避したみたいです。。。

珍しくディープインパクト産駒が勝てていませんね、今年は結構な頭数が登録していますが、

さてどうなるか。。。

人気

人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1番人気 2- 2- 0- 1/ 5 40.0% 80.0% 80.0%
2番人気 1- 1- 0- 3/ 5 20.0% 40.0% 40.0%
3番人気 0- 0- 0- 5/ 5 0.0% 0.0% 0.0%
4番人気 0- 1- 0- 4/ 5 0.0% 20.0% 20.0%

これはなんとなく予想していましたが、かなり難しいですね。

9番人気と12番人気も勝っているので、人気だけではそこまで信頼できない感じです。

まず何が1番人気なるのかすら不明です。

逆に考えれば、狙いたい馬が人気薄ならニヤリかもですわ。

 騎手

騎手 着別度数 勝率 連対率 複勝率
田辺裕信 2- 0- 1- 1/ 4 50.0% 50.0% 75.0%
横山典弘 1- 0- 0- 3/ 4 25.0% 25.0% 25.0%
武豊 1- 0- 0- 2/ 3 33.3% 33.3% 33.3%
浜中俊 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0%

関東なら田辺騎手

今年はグランドピルエットに乗ります。

残りの勝ちがある騎手は今年はいない模様。

前走

 

 

前走クラス 着別度数 勝率 連対率 複勝率
新馬 0- 1- 1-19/21 0.0% 4.8% 9.5%
未勝利 3- 1- 1- 9/14 21.4% 28.6% 35.7%
500万下 0- 1- 1-21/23 0.0% 4.3% 8.7%
OPEN特別 1- 1- 1-11/14 7.1% 14.3% 21.4%
G3 0- 1- 1- 9/11 0.0% 9.1% 18.2%
G2 1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0%

なんと!

なんと!!

未勝利からの参戦が1番勝数が多いです。

これはもうどこからでも買えますね。

まとめ

荒れそうな臭いしかしません。

この時期の2歳牝馬戦ですから、もう気になる馬を勝っちゃえ!って感じです。

ってことで、

  • ウラヌスチャーム
  • グランドピルエット

この2頭は気になるので勝ってみようかと考えています。

当たればラッキーぐらいの気持ちで考えていたほうが良さそうです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *