第三回 種牡馬に見る成績傾向 =メイショウボーラー産駒=

調子に乗って第三回目。

今回はシルクでも募集されているメイショウボーラー産駒見ていきます。

 

※使用したデータは過去3年です。

代表産駒

これまでにG3を2勝。G2、G1は勝てていない。

着別度数 勝率 連対率 複勝率 賞金合計
ニシケンモノノフ 5- 5- 0-16/26 19.20% 38.50% 38.50% 17560万円
ラインミーティア 5- 4- 4-28/41 12.20% 22.00% 31.70% 14540万円
メイショウヒデタダ 8- 4- 4-41/57 14.00% 21.10% 28.10% 13644万円
トミケンユークアイ 5- 5- 7-33/50 10.00% 20.00% 34.00% 11335万円
マキオボーラー 4- 4- 1-12/21 19.00% 38.10% 42.90% 10651万円

基本データ

出走頭数 282 頭
勝馬頭数 73 頭
勝馬率 25.9%
1頭当賞金 729万円
平均勝利距離 1548.7m
平均連対距離 1563.7m

年齢別成績

  • 特に年齢に関係なく安定して走る。
  • 8歳は数が少ないけど成績良し。

脚質別成績

  • 逃げの成績が抜群に良い。
  • なのでスタートいい馬を狙う。
  • 追い込みや出遅れたなら諦める。

クラス別成績

  • G2は3頭のみなので、あまり当てにしてはいけない。
  • G3までは安定して走っているので、クラスの壁はあまりなさそう。

場所別成績

  • 全体的に安定している。
  • ローカル開催のほうが成績がよい。

距離別成績

  • 距離による偏りはなし。
  • 2100m以上からは出走頭数が一気に減る。
  • 2500m以上の出走はなし。

馬場別成績

  • ダートのほうが成績が良い。馬場状態も問わない。

馬体重別成績

  • 520㎏までは右肩上がりに成績が良くなる。

母父馬別の勝利率(TOP10)

  • フジキセキ、アフリートとの相性が抜群によい。
  • 特にダートでの成績がよい。

まとめ

あまり気にしたことのない種牡馬でしたが、

こうやってデータ見るとスキが少ないですね。

距離も2000mぐらいまでなら配合によっては問題ないようですし、

芝で駄目でも、ダートが残っているので手が出しやすいのでは?

ローカル開催で逃げ馬を狙いましょう\(^o^)/

変わった名前が多いのも特徴的でした(*´ω`*)

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *