第五回 種牡馬に見る成績傾向 =クロフネ産駒=

今回はクロフネ産駒を見ていきます。

ちなみにこれは適当に自分が気になる種牡馬を選んでいっているので、

マイナーな種牡馬が多めです、

そのうちメジャーなのも出てくるとおもうので、気になったら見てね(*´ω`*)

 


※使用したデータは過去3年分です。

基本データ

出走頭数 463 頭
勝馬頭数 166 頭
勝馬率 35.9%
1頭当賞金 1171万円
平均勝利距離 1703.5m
平均連対距離 1704.2m

代表産駒

芝、ダートから障害まで幅広く活躍馬を出しています。

着別度数 勝率 連対率 複勝率 賞金合計
ホエールキャプチャ 7- 4- 5-13/29 24.10% 37.90% 55.20% 51030万円
カレンチャン 9- 3- 1- 3/16 56.30% 75.00% 81.30% 43730万円
アップトゥデイト 9- 8- 1-13/31 29.00% 54.80% 58.10% 40504万円
スリープレスナイト 9- 6- 1- 2/18 50.00% 83.30% 88.90% 36500万円
テイエムジンソク 9- 6- 4- 7/26 34.60% 57.70% 73.10% 30005万円

 

年齢別成績

  • 加齢による衰えは感じさせない。
  • 安定感あり。

脚質別成績

  • 逃げ・先行が非常に高い
  • 後方からはしょっぱい成績となる。

クラス別成績

  • クラスにおける壁はなさそう。
  • アップトゥデイトが障害で大活躍している。

場所別成績

  • 全体的に安定している。苦手な場所はなさそう。

距離別成績

  • 距離も短距離から長距離まで満遍なくこなせるよう。
  • ただ2500m以上は勝ちきれていない。

馬場別成績

  • ダートのほうが成績がよい、出走数もダートが芝の倍以上となる
  • 芝は不良馬場になるほど強くなる
  • ダートは恐ろしいほど安定した成績を残す

母父馬別の勝利率(TOP10)

  • サンデーサイレンスが大きくトップ
  • トニービンはアップトゥデイトが稼いでいる

まとめ

とにかく安定感が抜群の種牡馬です。

特にダートは距離や馬場状態すら不問で走ってくれます。

芝だと不良が狙いです。

逃げや先行だと高確率で馬券になるようですので、

ダートで先行できる馬を積極的に狙っていきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *