第八回 種牡馬に見る成績傾向 =スクリーンヒーロー産駒=

今回はスクリーンヒーロー産駒いきたいと思います。

ジェネラーレウーノが皐月賞で3着が記憶に新しいですね。

それではよろしくです。

 

※使用したデータは過去3年分です。

代表産駒

着別度数 勝率 連対率 複勝率 賞金合計
ゴールドアクター 9- 3- 2- 9/23 39.10% 52.20% 60.90% 73025万円
モーリス 8- 2- 1- 4/15 53.30% 66.70% 73.30% 52300万円
ウインオスカー 6- 5- 0-10/21 28.60% 52.40% 52.40% 11260万円
ヨヨギマック 5- 5- 6-20/36 13.90% 27.80% 44.40% 9949万円
プロトコル 5- 2- 2-12/21 23.80% 33.30% 42.90% 8235万円

意外とゴールドアクターが1番賞金稼いでいました。

後はやっぱりモーリスは強いイメージありますね。

この2頭が賞金では抜けていました。

基本データ

出走頭数 137 頭
勝馬頭数 37 頭
勝馬率 27.0%
1頭当賞金 1613万円
平均勝利距離 1643.5m
平均連対距離 1628.2m

年齢別成績

  • 年齢による変化は特段見当たらない。

脚質別成績

  • 逃げ/先行の成績が断然によい。
  • 追込みは数も多いので、単純に成績が悪くなる。

クラス別成績

  • 1600万下まではクラスが上がるほど成績も良くなってくる珍しいタイプ。
  • 重賞はほとんどがモーリスとゴールドアクターで稼いでいる。

場所別成績

  • 複勝率が高いのが阪神
  • 勝率が高いのは福島と札幌
  • 小倉が全然駄目

距離別成績

  • 距離は不問。安定して走る。
  • 2500m以上はゴールドアクターが稼いでるので、あてにならない。

馬場別成績

  • ダートが案外走る。

性別成績

  • 恐ろしいぐらい牡馬しか走らない。

母父馬別の勝利率(TOP10)

  • これはなんとも。。。
  • キョウワアリシバは全部ゴールドアクター

まとめ

とにかく牡馬だけ買えばいいです。

出資するにも、牝馬はよっぽど思い入れのあるとか以外では出資しないほうが無難でしょう。

牝馬で過去3年だけで見ると500万勝ちまでしかいませんので。。。

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *