ポールヴァンドルが引退(T_T)

とうとうこの日が。。。

いつもの帰り道、いつものシルクからのメールを受信して
出資馬の近況に目を通していたら。。。

上原博之調教師「レース後はこちらで、脚元を確認させていただきましたが、やはり以前痛めた繋靭帯の部分に腫れと硬さが見られますね。歩様もどこかゴトゴトした感じに映りますし、長期休養から2戦してきたものの、今後は更に悪化してくる可能性が高いことから、これで引退とさせて頂きたいと思います。6歳3月の引退期限より少し早くなってしまいましたが、繁殖牝馬としての大事な役目が控えているポールヴァンドルには、これ以上無理をさせることが出来ないですし、無事に牧場にお返しすることが自分の務めだと思います。ここまで応援いただきまして、ありがとうございました」

シルクの近況メールより

この日がついに来てしまったのね。。

あの570kgを超える巨体でよく復帰&頑張ってくれました。
それだけで満足です。本当にお疲れ様でした。

無理はしてほしくないですもんね。

デビュー戦ではレイデオロの2着、未勝利&500万を連勝、函館で1000万を勝ち上がると、紫苑sでは鬼のように追い込んでタイム差なしの3着でした。
そして夢のG1秋華賞へ、出資馬の中では初めてG1へ出走してれた本当に思い出のある馬です。

そのデカさ故に怪我にも悩まされましたが、今年に入って復帰して2走見どころのあるレースをしてくました(*^^*)

これからは繁殖牝馬としていい子を産んでほしいです。
また、シルクで募集された際には優先使って出資!

本当にお疲れ様でした、また子供に会える日を楽しみに待っています。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *